ホームページ > ニュース > HDMI >

HDMI HDケーブルの場合は、これら3つの点を理解する必要があります。

HDMI HDケーブルの場合は、これら3つの点を理解する必要があります。
発表時間:2019-05-08

社会の急速な発展は技術の進歩をもたらしました。多くの人が自宅でホームシアターを建てるでしょう、そしてホームシアターを建てるにはHDMI HDケーブルが必要です。多くの友人はHDMI HDケーブルの知識がほとんどなく、彼らは基本的に白い状態にいます。 HDMI HDケーブルを購入するとき、それはしばしば多くのミスを犯します。今日、HDMI HDケーブルメーカーのJeewahがHDMI HDケーブルについてお伝えします。


1、HDMI高精細ライン長

一般的に、改修前には配線が行われ、壁には穴が開けられ、配線は事前に埋められることになっています。これは後で使用するのに便利です。配線を埋め込むと、HDMI HDラインの長さが関係します。一般に、家庭で使用されるHDMI HDケーブルは一般に5メートルですが、他の問題を防ぐためには、8〜10メートルのHDMI HDケーブルを購入するのが最善です。結局のところ、それはいくつかの予約スペースが必要です。それが短ければ、それは面倒であり、そしてお金は使われるでしょう。

何人かの人々は少し脇に置くのは安全ではないと感じるでしょう。 20メートルを直接取得するのは不便です。技術、材料および技術の現在の影響により、ほとんどのHDMI HD信号の有効伝送距離はわずか8〜10です。この長さを超えると、信号が減衰し、その結果、ディスプレイの端の画像が高解像度のレベルに達しません。


2. HDMI HDケーブルの価格に影響する要因

私は、慎重な小規模パートナーが問題を見つけるであろう、すなわち、市場におけるHDMIの高品位ラインの価格差がより大きくなるだろうと信じています。なぜワイヤーがこのような大きな価格差を生み出すのでしょうか。実際には、サポートなど、HDMI高精細ラインの価格に影響を与える多くの要因があります。契約、長さ、ワイヤー、ブランドなど。何人かの友人は、小さい価格を作るためにいくつかの劣ったHDラインを買いました。彼らが設置したとき、彼らは情報を伝達できないことを発見しました。装飾は完了しました、ワイヤーはけいれんすることができません、そしてすべては変わっていません。

もちろん、ここには2つの状況があります。一つはパイプ配線を着用する場合、もう一つはパイプが磨耗していないこと、そしてパイプは一般に壁に埋まっていること、そしてパイプはパイプなしでいつでも挿入できることである。それはパイプ配線を介している場合、問題は壁を削除することであるため、HDMI HDケーブルを購入するときに誰もが注意を払う必要があり、劣った品質を購入しないで、非常に面倒です。直接接続されていれば問題はありません、結局のところ、問題があれば変更して終了するだけです。


3、HDMI高精細ラインパイプ配線の注意事項

パイプラインに問題がある場合、組合に戻ることは非常に面倒であることは上で言われました。従って、私達が私達が管の配線を身に着けているとき私達は注意を払わなければなりません。例えば、パイプが小さすぎるため、パイプのサイズは小さすぎてはいけません、曲がりがあります。場所は破損しがちです。また、配線するときは、HDMIハイビジョンケーブルをテレビに差し込みます。ケーブルを配線するときは、電源コードなどのケーブルに近づけすぎないでください。信号の干渉を避けるために30CM以上を隔離することをお勧めします。もう一つの深刻な問題は、あなたがパイプ配線を着用するとき、あなたはそれを着用しないで、方向に注意を払う必要があるということです。

要約すると、HDMI HDケーブルが配線される前にテストする必要があります。これは非常に重要な問題です。あなたがそれを終えた後に問題を見つけないでください。テストするときは、プロセス全体をテストするのが最善です。問題が焦点になっていないことを確認するために、使用される機器とワイヤの長さが再度テストされていることを確認してください。